高脂血症と悪玉・LDLコレステロールを下げる方法とサプリメント

高脂血症と悪玉・LDLコレステロールを下げる方法とサプリメント

高脂血症は放置すると命に

高脂血症は現在は脂質異常症と言われている、肝臓で作られたり、食事から取り込まれる脂質が血液中に量が一定に保たれなくなった状態です。高脂血症は体の中でうまく調節ができなくなったり、また、食事から入ってくる脂質の量が多くなってきて、血液中に悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎていたり、また、善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールが少なくなっている状態です。
高脂血症は放置していると、命に直接関わってくる病気につながる血管が硬く血流が流れにくくなる動脈硬化が進んでいきます。それは、心筋梗塞や脳卒中などをも起こしかねません。年齢を重ねていくにつれ、誰もが動脈硬化は少しずつ進んでいきます。中でも生活習慣はとても大きな要因となりますが、高脂血症は特に動脈硬化にと関与してくる病気となります。定期的に血液中の脂質を測り、高脂血症とならないようにすることが動脈硬化の予防に大切なこととなります。脂質の中でも善玉コレステロールと言われているHDLコレステロールの値が高いことが望ましいです。これの値が低くなることで病気と診断されます。生活の中では、食事に気をつけ、運動を適度にすること、禁煙が勧められます。

高脂血症の原因には何があるか

高脂血症の原因は、一つには脂肪の摂取が過剰であることです。脂肪分の多い食事をしてそれが十分に消費されていないと、脂質が余ってしまい高脂血症になります。このことは誰でも分かると思いますが、実は脂肪の摂取過多だけが原因ではありません。糖質の摂取が過剰であっても高脂血症は起こり得ます。糖質の摂取が過剰であることで体としてはエネルギーが余ってしまい、たとえ脂質そのものの摂取量は普通であってもそれが十分に消費されることなく、高脂血症が起こり得るのです。その意味では、タンパク質の過剰な食事であっても同様のことが言えます。これらをまとめると、要は食べ過ぎということです。
もう一つの原因は、摂取量が適切のように見えても、体としては思ったほどエネルギーを消費していないために、結果としてエネルギーが余るために生じるものです。こちらは簡単に言えば運動不足です。これは広い意味では、体が必要とする以上にエネルギーを摂取しているということに違いはありませんから食べ過ぎと同じだとも言えるのですが、実際問題としては別々に扱ったほうが適切なことが多いですから、分けて考えることが普通です。
結論として、食べ過ぎか運動不足、あるいはその両方が原因ということです。

高脂血症と食事の取り方

高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する状態のことをいいます。動脈硬化の原因にもなります。
高脂血症は、日頃の食事のとり方が大きく関わってくる病気です。
控えめにした方がよい食べ物は、肉やバター、チーズ、生クリームなどです。乳製品に含まれている飽和脂肪酸は、溶ける温度が高いので体内でも固まり易く、血液の粘度を高くし血流を悪くします。LDL(悪玉)コレステロールも増やします。
他にも、鶏卵、魚卵、鶏皮なども、コレステロールが多く含まれているので、取りすぎると過剰なコレステロールが身体の中に蓄積されてしまいます。
甘いお菓子、果物などに含まれている果糖は、中性脂肪として合成されやすい性質があります。
逆に、食べた方がよいものは、海藻類やこんにゃくです。血液中のコレステロール値を下げる効果があります。きのこや野菜も、食物繊維が豊富なので、食べた方がよいです。
青魚などから摂取できるDHAやEPAも血液をさらさらにし、悪玉コレステロールを減らしてくれます。
大豆にもコレステロールを減らす作用がありますので、副菜として取り入れることをお勧めします。
ただ、身体にいいからといって食べ過ぎては過剰摂取になり、肥満の原因になるので注意が必要です。

コレステロールの異常によって引き起こされる高脂血症に注意

高脂血症は現在では脂質異常症と呼ばれる(ただし高脂血症といえば病院や薬局でも通じます)、コレステロール値の異常によって引き起こされた状態のことを指します。これは、たとえば糖尿病が様々な症状を伴うのとは異なり、自覚症状はない場合がほとんどという状態です。ですから検査でなければ気付くことができず、かえってやっかいな状態だということができるでしょう。
そもそも高脂血症は悪玉コレステロールと善玉コレステロールの関係によって引き起こされる状態です。いわゆるコレステロールは、一般的には悪玉コレステロールを指している場合が多いと思われますが、この悪玉コレステロールは中性脂肪が多くなることによってその量を増やします。そうすると逆に善玉のほうは減り、バランスを失って高脂血症の状態に陥ってしまうということなのです。そして高脂血症は状態ですから自覚症状は特に引き起こされません。その代わり、動脈硬化に影響を及ぼすとされています。更に、動脈硬化は心筋梗塞の原因ともなる状態ですから、高脂血症を放っておくと、最終的に心筋梗塞にかかるリスクを引き上げてしまうということに繋がるのです。そのため、高脂血症になってしまった場合は、コレステロールの原因となる高カロリーの食事は控え、肉よりも魚を中心とする摂取エネルギーを抑えた食生活が必要になります。

総コレステロールの基準値について

「総コレステロール」とは、血液中に含まれる全てのコレステロール(HDLコレステロールやLDLコレステロールを含めた)の総量のことを言います。数値を知るには血液検査を受ける必要がありますが正しい数値を測定するためにも検査前12時間は飲食はもちろん、禁酒、禁煙を行います。総コレステロールの基準値は140〜199mg/dlになります。そもそも総コレステロールの「総」とは体に良いHDLコレステロールと体に悪いLDLコレステロールを合算した数値をいいます。総コレステロールの数値が高い場合はHDLコレステロールとLDLコレステロールのどちらの数値が高いのかを確かめておきましょう。HDLコレステロールが高いのならさほど心配する必要がありませんが、LDLコレステロールが高い場合は今後病気を引き起こす原因になりかねませんので注意して下さい。基準値より若干高めなら普段の生活を見直すことで改善できることが多いです。基準値を大きく上回っている場合は普段からLDLコレステロールを減らす努力が必要です。一番気を付けることは食生活の改善です。普段よく食べるものにコレステロールが多く含まれていたら見直さなければなりません。

悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールの増やし方

コレステロールが上がると動脈硬化が進行して脳梗塞や心筋梗塞になるリスクが高まります。健康診断などでコレステロールが多い場合、悪玉コレステロールが多いということになります。この場合は悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす必要があります。
コレステロールは体に必要なものですが、値が高いと血管壁に溜まります。この状態を放置すると血液が流れにくくなり動脈硬化症になってしまいます。動脈硬化症が進むと血液が流れにくくなるため心不全、心筋梗塞などの病気になるリスクは高まるのです。
善玉コレステロールの増やし方は、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす必要があります。
食物繊維は特に水溶性食物繊維を多く摂取します。コレステロールは胆汁酸の材料となり、水溶性食物繊維は胆汁酸を排出する作用があり、排出されるとコレステロールから胆汁酸は生産され、コレステロール値を下げることができます。水溶性食物繊維は海草類、果物、納豆やきなこなどに多く含まれています。悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールの増やし方は不飽和脂肪酸の摂取です。不飽和脂肪酸はオリーブオイル、ごま油、大豆油などに含まれています。食べ物では青魚です。青魚にはDHAやEPAが含まれていて、これらは中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やします。これらの他には大豆食品、緑茶のカテキンなどがあります。